「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり(全10回)

(株)マークス 代表取締役 氏家正裕

「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり 最終回

最終回―― オペレーション力をアップさせる「見える化」の仕組み
<vol.12(2012.4.30)掲載>

「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり⑨

「広告宣伝」編―― 訴求ポイントを明確にして看板・雑誌広告からWebに誘導
<vol.11(2012.1.31)掲載>

「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり⑧

「イベント」編―― 効果を的確に検証し、有効企画を運営システムに組込む
<vol.10(2011.10.31)掲載>

「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり⑦

「店長」編―― 重要度が増す店長の役割、「業務=教育」の仕組みで育成する
<vol.9(2011.7.31)掲載>

「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり⑥

「フロント業務」編―― フロントの体面接客はレジャーホテルの新たな進化の第一歩
<vol.7(2011.1.31)掲載>

「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり⑤

「スタッフ管理」編―― 店舗ごとに適正な人件費を見極め分かりやすい目標と指示で意識を向上
<vol.6(2010.10.31)掲載>

「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり④

「飲食提供」編―― 他店舗との比較ではなく、自店舗の特性に基づいた取り組みを
<vol.5(2010.7.31)掲載>

「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり③

「利用システム」編―― 他店舗比較と自店舗分析から価格と価値の合致を目指す
<vol.4(2010.4.30)掲載>

「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり②

「清掃・メンテナンス」編―― 現実的マニュアルをつくり、お客様の声で改善していく
<vol.3(2010.1.31)掲載>

「ホスピタリティ具現化」の仕組みづくり①

エリア内でのポジションを確認し、お客様の声を聞き取り活かす
<vol.2(2009.10.31)掲載>