いま求められる リニューアルの視点

[設計デザイナーインタビュー]
ここにきて、この数年の主流であった表層変更ではない、大規模改装も増えてきた。大型投資の改装で、大きく売上を伸ばす店舗も見られるようになった。とはいえ、厳しい市場環境の地域もあり、業界の市況は、依然として好調と厳しさの入り混じった“まだら模様”が続いている。このような市況下「改装をするか否か」「どのような改装をすればよいか」「どれだけ改装費をかければよいか」、判断に悩む経営者も少なくない。今回の特集では、商圏市場への対応、築年数経過の建物への対応なども踏まえ「いま求められるリニューアルの視点」をテーマに、主要設計デザイナー15社にインタビューした。

㈱イデア綜合設計 代表取締役 田中正寛
㈱岩澤靖幸建築設計団 代表取締役 岩澤靖幸
㈱カーサデザイン事務所 代表取締役 八河 洋
㈱玄子空間デザイン研究所 代表取締役 玄子邦治
㈱KOGA設計 代表取締役 古賀志雄美
スタイルアソシエイツ 代表 唐鎌孝行
㈲デコラボ 代表 佐々木智美
㈱デザインオフィスドレス 代表取締役 舟越 崇
design Chill-out inc. 代表取締役 村上 敦
㈲デラックスダブルデザイン 代表取締役 二石誠也
㈱NAVIS DESIGN 代表取締役 山本 勉
㈱Hale Design 代表取締役 関口達也
㈱ユニックス 代表取締役 近藤俊大
㈱redesign 代表取締役 オザワリエ
㈱ワイトゥー・デザイン・アソシエイツ 代表取締役 山本芳裕

(掲載:『LH-NEXT』vol.38/2018年10月31日発刊)

記事はこちらから
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/3823.pdf