[宿泊業態の変革期:ラブホテルの方向を問う]㈱Re・stay(レステイ)代表取締役 宮原 眞

既成概念に捉われないアプローチで
コンセプト創出とブランディング化を進め
訴求力向上と効率化を両立させていく

(掲載:『LH-NEXT』vol.37/2018年7月31日発刊)

記事はこちらから
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/3721.pdf