[宿泊業態の変革期:ラブホテルの方向を問う]㈱竹梅 代表取締役 清水祐侍

サービス業のカップル産業として
「 絶対的な差別化」の追求を継続、
 新規出店と全従業員の社員化を目指す

(掲載:『LH-NEXT』vol.37/2018年7月31日発刊)

記事はこちらから
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/3720.pdf