2018年 市場予測[経営/運営企業インタビュー]

[経営/運営企業インタビュー]
2017年は、好況感が追風になった大都市圏と厳しい環境が続いた地方とで、市況は大きく分かれた。一方、立地に関わらず、地域上位のホテルは、経費削減による収益確保から、コストをかけて売上を伸ばす方向へと転換し、攻めの集客対策で売上向上を目指しはじめた。
今年は、旅館業法の改正が控えている。フロント要件の変更に加え、消費者のキャッシュレス化の進行などが宿泊施設の利用システムにどのような変化をもたらすのか。レジャー・ラブホテルは、業態のアイデンティティを再確認し追求するなかで新たな進化を目指すという、2方向並列での取り組みが求められる時代となった。今回は、経営/運営企業29社に、2017年の総括と2018年の市場予測、注力ポイントを聞いた。今後の経営の参考にしていただきたい。

㈱安心オペレーションズ 代表取締役 田中政美
アーバンリゾーツ㈲ 取締役社長 林 貴志
アムリタグループ 代表取締役 西間木 勉
内宮商事㈱ 代表取締役 内宮則一
AtoZグループ(富岡開発㈱)代表取締役 松本 暢
㈱エムティーパートナーズ 専務 小暮良也
㈲エリスエンタープライズ 代表取締役 高崎次郎
㈱カイリゾート 経営企画室 松長一志
㈲久保田商会 代表取締役 久保田正義
㈱グランクール 代表取締役 吉田 健
K’sグループ 代表取締役 近藤政人
三光開発㈱ 代表取締役 加藤 透
サン産業㈱ 代表取締役 山本正博
㈱GHP 代表取締役会長兼CEO 宮田啓光
JHTグループ(宝基商事㈱)代表取締役 柳川博一
㈱J-needz 代表取締役 大福地元仁
成和サービス㈱ 代表取締役会長 濱本元弘
㈱竹梅 代表取締役 清水祐侍
東京ホテルマネージメントシステム㈱ 代表取締役 黒田 治
㈱トータルプランニング 代表取締役 脇田克廣
㈱トラスター 代表取締役 嶋野宏見
HAYAMA HOTELSグループ 代表取締役 土井文博
フェアリーグループ 専務取締役 南 壮栄
プラザアンジェログループ 代表取締役 矢部嘉宏
プランタンホテルグループ 代表取締役 森藤紳介
㈱マークス 代表取締役 氏家正裕
南の風風力3グループ 代表取締役 細田悠太
㈲館 代表取締役 武田 茂
㈱Re・Stay(レステイ) 代表取締役 宮原 眞

(掲載:『LH-NEXT』vol.35/2018年1月31日発刊)

記事はこちらから
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/3580.pdf