いま求められる サービスとは何か

[経営/運営企業インタビュー]
近年、売上低下に対し経費削減による収益確保を求める取り組み方で営業に臨むホテルが少なくない。無駄な経費の削減、過剰サービスからの脱却は必要ながら、サービスにかけるコストを削減した結果、客商売の原点である「お客様に喜んでいただく」(=単価を確保し集客につながる)ための「サービス力」が低下し、それがさらなる客離れにつながってしまう、マイナスのスパイラルに陥る要因の1つになっているようにも思われる。
いま、ラブホテルに求められる、集客および単価の確保に効果的な「サービス」とは何か。さらに、そもそもラブホテルにおけるサービスとは何なのか。現在および今後のラブホテルに求められるサービスの在り方を、経営・運営企業14社にインタビューした。

㈱安心オペレーションズ 代表取締役 田中政美
㈱カイリゾート 経営企画室 松長一志
㈱グランクール 代表取締役 吉田 健
㈱GHP 代表取締役会長 宮田啓光
㈱J-needz 代表取締役 大福地元仁
成和サービス㈱ 代表取締役会長 濱本元弘
東京ホテルマネジメントシステム㈱ 代表取締役 黒田 治
㈱トータルプランニング 代表取締役 脇田克廣
㈱トラスター 代表取締役 嶋野宏見
HAYAMA HOTELSグループ 代表取締役 土井文博
プラザアンジェログループ 代表取締役 矢部嘉宏
㈱マークス 代表取締役 氏家正裕
ルナパークグループ 代表取締役 庄司乃由
㈱Re・Stay(レステイ) 代表取締役 宮原 眞

(掲載:『LH-NEXT』vol.34/2017年10月31日発刊)

記事はこちらから
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/3411-1.pdf