2016年 市場予測[設計デザイナーに聞く:2016年の改装の方向]

 2015年は、地方郊外や供給過剰地域の市場環境の厳しさは続いたが、都市部を中心に売上増加を示すホテルが増え、業界全体として市況は上向きで推移したといってよいだろう。改装の動きも活発化し改装コストも増加傾向で、この数年の表装変更から新たな魅力創出を目指した内容の改装も増えてきている。
 とはいえ、利用者人口の減少という根本的な逆風環境は、依然として続いている。そのなかで、昨年は、急増するインバウンドや一般観光客・ビジネス客など、従来のラブユースカップル客以外の新たな客層獲得への取組みもはじまった。いま、レジャー・ラブホテルでは、将来の可能性を開拓すべく新たな方向へ動き出しはじめているといえる。
 2016年の市場はどのように動くのか。売上増加のためには何が必要なのか。設計デザイナー14社に、2015年の総括と2016年の市場予測および改装の方向を聞いた。

㈱イデア綜合設計 代表取締役 田中正寛
㈱岩澤靖幸建築設計団 代表取締役 岩澤靖幸
㈱カーサデザイン事務所 代表取締役 八河 洋
㈱玄子空間デザイン研究所 代表取締役 玄子邦治
㈱KOGA設計 代表取締役 古賀志雄美
スタイルアソシエイツ ディレクター 谷 昌敏
㈲デコラボ 代表 佐々木智美
Design Chill-out inc. 代表取締役 村上 敦
㈲デラックスダブルデザイン 代表取締役 二石誠也
㈱中川喜平建築設計事務所 代表取締役 中川喜平
㈱西岡裕二設計研究室 代表取締役 西岡裕二
㈱Hale Design 代表取締役 関口達也
㈱ユニックス 代表取締役 近藤俊大
㈱redesign 代表 オザワリエ

記事はこちらから
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/LH27_040-043.pdf