2015年 市場予測〜関連企業に聞く: 2015年の重視ポイント

2014年は、4月の消費税増税への対応からはじまった。増税分の上乗せによる集客への影響を懸念しながらも、ほとんどのホテルが値上げに踏み切った。懸念された影響は小さく、景気回復への期待感もあり、税別でも前年を上回る売上を示すホテルが増え、業界全体が売上回復の方法に向かいはじめたと思われた。しかし、秋季になると状況が一転し、前年比減に転じるホテルも増加した。一方、地方においては、景気回復の期待感は薄く年間を通して厳しい状況が続いた。
 社会・経済情勢も市場環境も、レジャー・ラブホテルにとって追い風と向かい風が複雑に絡み合い、先行き不透明感が漂うなか、2015年の市場はどのように動くのか。売上回復のためには何が必要なのか。経営/運営企業27社、設計デザイナー15社、関連企業15社に、2014年の総括と2015年の市場予測および重視ポイント等を聞いた。

㈱アイシン 大阪営業所所長 幡垣辰治
あすか信用組合 理事 木村 弘
㈱アルメックス 代表取締役社長 馬淵将平
㈱ECO ARK 代表取締役 杉本昌弘
エコテクソリューション㈱ 営業部部長 濱田知紀
㈱かじ新 代表取締役 鍛治谷 一
K-Art.Japan co.,ltd 代表取締役 小林伸俊
㈱サクシード 代表取締役 大越昭宏
㈲ショッカー 代表取締役 石井清次
大洋グループ 代表取締役社長 岡部知寛
㈱タケシタ 代表取締役 武下充宏
フォーラム フロンティア ネットワーク㈱ 代表取締役 渡邉敏樹
㈱マイン 常務取締役 舟越 稔
横浜中央信用組合 営業本部部長 齋藤智成
㈱ワールド・ホテル・コミュニケーションズ 代表取締役 山田清司

記事はこちらから
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2305.pdf