2015年 市場予測〜経営/運営企業に聞く:2015年の注力ポイント②

 2014年は、4月の消費税増税への対応からはじまった。増税分の上乗せによる集客への影響を懸念しながらも、ほとんどのホテルが値上げに踏み切った。懸念された影響は小さく、景気回復への期待感もあり、税別でも前年を上回る売上を示すホテルが増え、業界全体が売上回復の方法に向かいはじめたと思われた。しかし、秋季になると状況が一転し、前年比減に転じるホテルも増加した。一方、地方においては、景気回復の期待感は薄く年間を通して厳しい状況が続いた。
 社会・経済情勢も市場環境も、レジャー・ラブホテルにとって追い風と向かい風が複雑に絡み合い、先行き不透明感が漂うなか、2015年の市場はどのように動くのか。売上回復のためには何が必要なのか。経営/運営企業27社、設計デザイナー15社、関連企業15社に、2014年の総括と2015年の市場予測および重視ポイント等を聞いた。

JHTホテルグループ(宝基商事㈱) 専務取締役 柳川 博一
㈱J-needz 代表取締役 大福地元仁
成和サービス㈱ 代表取締役会長 濱本元弘
㈱竹梅 代表取締役 清水祐侍
東京ホテルマネジメントシステム㈱ 代表取締役 黒田 治
㈱トータルプランニング 代表取締役 脇田克廣
㈱トラスター 代表取締役 嶋野宏見
HAYAMA HOTELSグループ 代表取締役 土井文博
プラザアンジェログループ 代表取締役 矢部嘉宏
プランタンホテルズグループ 代表取締役 森藤紳介
㈱プロシャン 専務取締役 吉田 健
㈱マークス 代表取締役 氏家正裕
㈲館 代表取締役 武田 茂
ルナパークグループ 代表取締役 庄司乃由
㈱Re・Stay(レステイ) 代表取締役 宮原 眞

記事はこちらから
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2303.pdf