新たな顧客を開拓する誘客システム 当日予約サービス「notte」がスタート!

 利用者の減少傾向が続くレジャー・ラブホテルにおいて、いま最も求められているのが新たな顧客の開拓だ。しかし、これは個々のホテルで簡単にできることではない。このような状況を打開し、新たな顧客開拓につながる新しい誘客システムとなる、スマートフォンからの当日予約サービスが、5月1日からスタートした。㈱KUSABIが提供する「notte」(ノッテ)だ。現在、第1期展開として、関東1都3県でサービスを開始。以後、対象エリアを順次拡大し、年内には全国対応を予定している。本稿では、その内容とメリットをレポートする。

当日の空室のみを予約販売 スマホ時代の誘客システム

 このサービスを展開する㈱KUSABIは、リクルート、LINE、Amazon等で各種インターネットサービスに携わってきたメンバーが「notte」を開発すべく集まり、昨年に設立した会社だ。「レジャー・ラブホテルは予約なしで利用できる便利さが魅力の一つ。しかし“ホテルに行ったら満室。手軽に予約できればいいのに……”。このようなニーズが確実にあります。それに対応するのが今回のサービスです」と同社代表取締役・設楽拓也氏は語る。
 この「notte」の主な特徴は、
①スマホによるレジャー・ラブホテル専用の当日予約サービス
②当日の在庫(空室)を自由に販売できるチャネル
③事前にクレジットカードで決済
④予約売止めでも表示する広告効果
 ホテルにとっては、予約のために客室を空けておく必要はなく、当日、空室があるときだけネット上で販売(予約受付)できる仕組みだ。つまり、予約販売中に利用者が来店して満室になれば販売を中止、宿泊客が退室し空室ができればそこからの販売もできる。リアルタイムに対応できるのだ。しかも予約者は事前にクレジット決済するので、キャンセルのリスクもない。もちろん、新法ホテルだけでなく4号営業ホテルにも対応(アプリ自体が18歳以上を対象)するサービスだ。
 一方、利用者にとってのメリットは、①GPSで現在地から近いホテルを表示(エリア選択も可能)
②最短5秒で予約・決済が可能(クレジットカード情報登録済みの場合)
 また、サービス利用のためのアプリは、アップルとグーグルのアプリストアから無料で簡単にダウンロードでき、利用者にとって極めて手軽に利用できることも大きな特徴だ。
 もちろん、アプリの存在が広く認知されなければ利用につながらない。「これまで各種ネットサービスでさまざまなアプリマーケティングを行なってきたので、そのノウハウを駆使して告知を進めます」(同社取締役・永山正樹)という。レジャー・ラブホテルの利用経験のないスマホのネットユーザーも多い。潜在顧客を掘り起こし顧客の拡大にもつながる新しいサービスといってよいだろう。

コストは初期手続料と予約成立時の手数料のみ

 このシステムは、運営現場を考慮し、ホテル側が分かりやすく使いやすいことも特徴だ。予約が入るとnotteからメールが届く。同時に電話通知もあるのでメールを見落す心配は不要だ。ホテル側の操作は、予約に対応する「室数」と「料金」の変更だけ。スマホでも操作できるので、ホテルを離れている支配人が行なうことも可能だ。
 このサービスを利用する費用は、初期手続料が1店舗3万円(税別)。ランニングコストは不要で、予約成立時の手数料のみの成果報酬型だ。料金は、「利用者がクレジット決済でKUSABIに支払う」→「KUSABIが手数料を差引きホテルへ振込む」という流れだ。
 ホテル側が、このサービスに登録する手順は以下の通り。
①KUSABIに資料送付を申込む
②資料をみて登録を申込む
③KUSABIから通知がある
④初期手続料(1店舗3万円・税別)を振込む
⑤掲載する施設写真・情報を送付する
⑥利用アカウントが発行される
⑦登録完了・利用開始
 今後の「notte」は「増加する外国人観光客も集客できるように外国語対応も準備中。また今秋には休憩予約にも対応する予定です。システム自体もホテルの要望を取込み随時進化させていきます」(設楽氏)。スマホ時代に対応する注目の誘客システムといえよう。

[問合せ]
㈱KUSABI
東京都千代田区岩本町2-13-6
ミツボシ第3ビル615
TEL.050-5846-7730
FAX.050-5846-7731
http:www.kusabi.me
Email:support@kusabi.me