HOTEL FAIRY RESORT

森の妖精をイメージした幻想的な外観演出

香川県坂出市の郊外に立地するホテルを全面リニューアル。
外壁は、周囲の自然との調和を考慮し、塗装による樹木のパターン柄を施し、夜間はライトアップで幻想的な森の妖精(FAIRY)のイメージを醸し出す。
塔屋のロゴ上部の羽根マークは、カラーLEDで色を変化させる演出。客室は、中近東、アジア、和などのイメージを現代的に表現。デザインや色使いに加え、トルコ風ランプなど輸入の照明機器等を活用し効果的なイメージ構築を図った。多彩なコンセプトのバリエーションに富んだ客室空間により、リピーターを飽きさせないホテルづくりを図った。
■設計・監理(有)デラックスダブルデザイン

概要

所在地 香川県坂出市府中町5400-1
オープン 2010年4月26日リニューアル
経営企業 (有)シオミ
規模 地上2階建て
形態 連棟式
客室数 15室
1室平均面積 30㎡(9.1坪)

客室

ファブリック かじ新
ベッド ロスコ
家具 ロスコ
浴槽 タケシタ
音響映像 アルメックス

バックヤード

コンピュータシステム アルメックス
集中管理システム アルメックス
監視カメラシステム アルメックス
建築工事 サンオリエント
HP制作 ワールド・ホテル・コミュニケーションズ

外観

客室