HOTEL Canta Bene

客室内をイタリアンモダンでイメージチェンジ

愛知県豊田市の郊外、矢作川の勘八峡(人口ダム湖)の近くに立地するホテルのリニューアル。
これまで「イタリア」「癒し」「料理」をキーワードに、細部まで手間とコストをかけた丁寧な運営を実施し、隠れ家的ホテルとしてリピーターから高い支持を得てきた。しかし、ここにきて組数が減少傾向となったことから、イタリアンモダンのデザインで客室内装を一新、イメージチェンジを図った。同時に、飲食や各種サービスをさらに充実させるなど付加価値を強化し、リピーターの満足度向上と新規客の獲得を進める。
(「LH-NEXT」vol.4に掲載)
■設計・監理 (株)イデア綜合設計

概要

所在地 愛知県豊田市勘八町勘八334-39
オープン 2010年4月5日リニューアル
敷地面積 9,700㎡(2,940坪)
延床面積 2,029㎡(615坪)
形態・規模 平屋建て/3階建て/1部戸建て
客室数 20室
1室平均面積 43㎡(13坪)

客室

内装工事 山田インテリア
輸入家具 アール・エス
造作 安井工務店
外装 安井工務店
電気設備 三好電気
用品備品 アンドウコーポレーション
マイクロバブル設備 ウェルランド

バックヤード

コンピュータシステム システムウイング
リネンサプライ 江戸屋リネンサプライ

外観

客室