HOTEL LUNAPARK YOKOHAMA

「小悪魔アゲハ」をコンセプトに
大幅なイメージチェンジ

横浜市のJR関内駅近くに立地する地上7階建て26室のビル型ホテルのリニューアル。
エントランス、ロビー、客室ともに「小悪魔アゲハ」という基本コンセプトに沿った照明演出と、ビーズやラインストーンの効果的な配置・装飾で、コストを抑えながらの大幅なイメージチェンジを実現した。
2室にキッチンスペースを設け、多機能シャワーブースや洗濯機/乾燥機を備えた客室も設置し、とくに女性客への訴求力と顧客満足の追求に注力した。またロビーには、豊富なアメニティを揃えたアメニティバイキングコーナーを設置している。

■設計・監理 (株)道家

概要

所在地 横浜市中区長者町8-120
オープン 2011年9月13日
規模 地上7階建
形態 ビル型
客室数 26室
敷地面積 351.5㎡(106.5坪)
延床面積 1359.5㎡(412.0坪)
1室平均面積 30㎡(9坪)
経営企業 (株)ルナ横浜

客室

ベッド アール・エス
建築・内装 道家
照明・装飾演出 道家
浴槽 ジャクソン
用品備品 東京マツシマ、髙木商会
映像設備 フォーラムフロンティアネットワーク

バックヤード

コンピューターシステム アルメックス
集中管理システム アルメックス
リネンサプライ 日本リネンサプライ
サイン/看板 港北ネオン工芸社

外観・共用部

客室