HOTEL LOTUS

「和」を重視したネオジャパネスク空間を創出

名神高速道路・京都南ICのホテル集積地に立地する55室のホテルのリニューアル。
京都ならではの「和」の要素を取り入れ アジアの幻想的な魅力と融合させた「ネオジャパネスク」がテーマ。坪庭や信楽焼の浴槽を備えた露天風呂など、オリジナリティの高い癒しの空間を構築している。また、ゆとりのある客室空間に、65インチ液晶テレビ、パソコン、ダイニングテーブルなど、機能と快適性の両面から設備・サービスの充実を図った。

■設計・監理 (株)K.I.K建築設計事務所

概要

所在地 京都市伏見区竹田東小屋ノ内町61
オープン 2010年2月13日リニューアル
経営企業 (株)ケイエスジャパン
敷地面積 3,328.4㎡
延床面積 6,838.4㎡
形態 ビル型
規模 地上4階建て
客室数 55室
1室平均面積 56.5㎡
レストラン 30席(51.9㎡)

客室

ベッド K.I.K建築設計事務所
寝具 ダイサンリネン
インテリア・家具 K.I.K建築設計事務所
照明演出 アイ・シー
照明器具 大光電機
音響映像設備 アルメックス
用品備品 マイン
浴槽 ウエルランド

バックヤード

コンピュータシステム アルメックス
集中管理システム アルメックス
監視カメラシステム アルメックス
リネンサプライ ダイサンリネン
サイン・看板 ピグテックジャパン
建築工事 益田工務店
広告宣伝 ワールド・ホテル・コミュニケーションズ

外観

客室

浴室洗面

照明・演出・他