HOTEL PIACITY

洗練された5つの「モダン」が融合した
都会のオリエンタル空間

横浜市中区の地下1階地上7階建て・34室のホテルのリニューアル。大人の層に訴求力のあるグレード感の創出を目指し、客室空間は、「アジアン」「ウッディ」「グレイシー」「ビビッド」「ナチュラル」と、洗練された5つのモダンで構成。内装デザインにバリエーションを持たせ、利用者の幅広い嗜好に対応し客層の拡大を図りリピートの促進も目指した。コストを抑えながら大人の層の満足を実現するために、家具やディプレイを効果的に活用するとともに、上質な光の演出で客室全体の雰囲気感の創出に力を注いだ。
■設計・監理 (株)KOGA設計




概要

所在地 横浜市中区山下町195
オープン 2011年12月20日
規模 地下1階地上7階建
形態 ビル型
客室数 34室
敷地面積 652.2㎡(197.3坪)
延床面積 2,600.1㎡(786.5坪)

客室

建築/内装 ビビッドプランニング
ベッド フランスベット
寝具 フランスベッド
インテリア/家具 フランスベッド
照明演出 KOGA設計
照明器具 ケント照明
音響映像設備(VOD) アルメックス
用品備品 東京マツシマ、髙木商会
浴槽 ウェルランド

バックヤード

コンピューターシステム アルメックス
集中管理システム アルメックス
監視カメラシステム アルメックス
リネンサプライ 旅館ランドリー
サイン/看板 ワイズサイン
広告宣伝 ワールド・ホテル・コミュニケーションズ

客室

外観・共用