HOTEL RAN

「モダン和」のデザインコンセプトで
今後の多様な利用ニーズの獲得を狙う

福岡市博多区の地上4階建・20室のホテルのリニューアル。福岡県を中心に西日本で多店舗展開するHAYAMA HOTELSの拠点エリアとして系列4店舗が隣接して営業。今回の改装では、「モダン和」をデザインコンセプトに、若年層には新鮮さ、年配層には安心感、さらにインバウンドにはクールジャパンを体感できるオールラウンドの施設づくりを目指した。
店舗名称を「RAN(乱)」に変更し、正統的な意匠手法を駆使しながらもレジャー・ラブホテルとしてのニュアンスと遊び心を加味。ファサードの暖簾や提灯、随所に配置した木格子、水景演出、和を連想させるグラフィックテクニックなどで、コストを抑えながらもこれからの時代に求められる多様化するニーズに対応できる空間に仕上げた。
■設計・監理:(株)玄子空間デザイン研究所




概要

所在地 福岡県福岡市博多区西月隈6-4-23
リニューアルオープン 2016年9月1日
経営企業 HAYAMA HOTELSグループ
敷地面積 5,268.0㎡(1,596.4坪)※隣接3店舗同一敷地
延床面積 2,003.1㎡(607.0坪)
形態 ビル型
規模 地上 4 階建て
客室数 20室
1室平均面積 35㎡(10.6坪)
施工 くま工芸
設備工事 くま工芸

客室

ベッド フランスベッド
寝具 フランスベッド
照明演出 玄子空間デザイン研究所
照明器具 輸入品
音響映像設備 アルメックス
用品備品 エアーファクトリー
浴槽 HAYAMA HOTELSグループ

バックヤード

コンピュータシステム アイシン
集中管理システム アイシン
監視カメラシステム アイシン
リネンサプライ 小川クリーニング

 

外観

客室