HOTEL MUSEE

シンプル&モダン&アカデミック
コストを抑え印象・機能を大幅に向上

宮城・利府町に立地する地上2階建・18室のホテルをリニューアル。女性への訴求力を重視し、アカデミックをコンセプトに、名称もミュージアムと同義語のミュゼに変更。コストパフォーマンスを重視し、客室内装への予算投下は3段階に分けて臨み、コンセプトの具現化にはギリシャ像をグラフィックで演出するといった手法を採用。一方、ガレージの室番サイン位置を変更し7セグ機能を追加するなどで視認性の向上と選室の楽しさも追加。飲食サービスに対応すべく客室内にデリバリー専用棚を設置など、細部の運営面や機能面も考慮。今回の改装は、運営企業のマークスが改装費用を負担する新しいスキームで取り組まれた。
■設計・施工(株)玄子空間デザイン研究所




概要

所在地 宮城県宮城郡利府町神谷沢化粧坂68-15
リニューアルオープン 2014年7月2日
運営企業 (株)マークス
敷地面積 1,985.9㎡(600.7坪)
延床面積 1,668.9㎡(504.8坪)
形態 連棟型
規模 地上2階
客室数 18室
1室平均面積 36.5㎡(11.0坪)
施工 ネットワークの里、創イング・K

客室

インテリア/家具 ハウスプロジェクト、エアーファクトリー
照明演出 玄子空間デザイン研究所
照明器具 大光電機、遠藤照明
VOD設備 アルメックス
音響設備 東北第一興商
用品備品 髙木商会、東京マツシマ
設備 ネットワークの里、創イング・K

バックヤード

コンピュータシステム アルメックス
集中管理システム アルメックス
監視カメラシステム アルメックス
リネンサプライ コヤマリネン
サイン/看板 アートユニオン印刷

外観・ガレージ

客室