HOTEL de Q

好調な売上持続のためのリフレッシュ
光による独特な雰囲気を創出し価値向上

福島県会津若松市の連棟型・20室のホテルのリニューアル。地方都市ながらこれまで1室70万~80万円の売上実績を維持してきたが、その持続を目的に客室のリフレッシュを図った。コストを抑えながらも表層と照明の工夫により、写真では表現できない独特な雰囲気の空間に仕上がった。同時に全面LED化、Wi-Fi導入、携帯充電器2台設置、高品質使捨てスリッパ採用、カプセル式コーヒーメーカー設置等々、利用者の使い勝手や嗜好の面から細部の設備見直しも図った。また、市内の系列2店舗でもテラスバルコニーや屋上テラスラウンジの設置など開放的な空間づくりを行ない各店舗で新たな価値創出に取り組んだ。
■設計・監理(株)岩澤靖幸建築設計団




概要

所在地 福島県会津若松市北町大字始字深町10
リニューアルオープン 2013年11月13日
経営企業 (株)ドキュー
運営会社 (有)久保田商会
敷地面積 1,983.0㎡(599,9坪)
延床面積 1,520.0㎡(459.8坪)
形態 連棟型
規模 地上2階建
客室数 20室
1室平均面積 34.4㎡(10.4坪)
電気工事 エレクトリッQ

客室

インテリア/家具 フランスベッド
照明演出 IWD
照明器具 IWD
浴槽 和光製作所

バックヤード

コンピュータシステム アルメックス
監視カメラシステム アルメックス
集中管理システム アルメックス

客室

浴室