HOTEL FRONTIER

女性のリラックス・安心を重視した
新しいホテルデザインを追求

JR山手線・大塚駅北口至近に立地する40室のホテルの部分リニューアル。ファサード、フロント・ロビー、2~3階フロア15室を改装。今後、他の客室の改装も計画されており、将来のホテルの方向性を定め、女性のリラックス・安心を重視した新しいホテルデザインを目指した。ファサードやフロント・ロビーは、アイアンパネルと照明を組み合わせ、シンプルながら印象に残るデザイン。客室は、小面積でのリラックスを重視し、ベッド高を低くするとともに、過度な装飾を省き一部壁面へのデザイン演出と照明で、分かりやすく受け入れやすい空間を構築した。
■設計・監理 redesign




概要

所在地 東京都豊島区北大塚2-15-6
リニューアルオープン 2013年4月2日
規模 地下1階・地上8階建て
形態 ビル型
客室数 40室(改装15室)
1室平均面積 18㎡
建築・内装工事 アサヒホーム

客室

ベッド フランスベッド
寝具 多田
インテリア/家具 redesign
浴槽 TOTO
用品備品 東京マツシマ

バックヤード

コンピュータシステム ユタカ電気
リネンサプライ 白興
サイン/看板 フライト

外観・共用・客室