Ki Resort Annex

外国人から見た和モダンとアナログ重視で
新感覚の世界観を演出

栃木県足利市の戸建ホテルのリニューアル。7室をANNEXとして改装し、他の本館客室は浴室周りの充実を図った。白・黒の砂と126本のヤシで構成した“モダン枯山水”、白御影石と青砂でデザインした“モダン枯山水”など、外国人から見たジャパニーズ・モダンで新感覚かつ独自の世界観を創出し、広い敷地を活かし四季を感じさせるアナログ重視の空間で親近感・癒し・非日常を増幅させた。既存部分の活用、各業者とのコラボによるDIY感覚での取組み、海外購入の材料の使用などで、コストを抑えながら独自性の高い“もてなしのオリジナリティ”を創出した。
■設計・監理:(株)中川喜平建築設計事務所




概要

所在地 栃木県足利市五十部町1653
リニューアルオープン 2012年7月21日
経営企業 (有)ニューセブン
敷地面積 11,623㎡(3,516坪)
延床面積 1,775㎡(537坪)
形態 戸建
規模 平屋建
客室数 26室
1室面積 31.5 ㎡(9.5 坪)~45.5㎡(13.8坪)
建築・内装 スクエア、藤建設工業、インテリアG’s
外構工事 藤建設工業

客室

ベッド オリバー
寝具 白興
インテリア/家具 群馬光商事
インテリア/備品 ART TECH
照明器具 大光電機、遠藤照明、オーデリック、小泉産業
音響映像設備 アルメックス
浴槽 INAX、タケシタ
用品・備品 ユービック

バックヤード

コンピュータシステム アルメックス
集中管理システム アルメックス
リネンサプライ 白興
サイン/看板 スクエア、藤建設工業

外観・共有

客室