HOTEL BENOA

外装・共用部を中心にした改装で
“シズル感”あるリゾートテイストを創出

神戸市灘区の国道2号線と阪神高速道路3号神戸線の中間に立地する4階建て・52室のホテルのリニューアル。
築年数が比較的新しく客室内部の状態もとくに問題がなかったため、客室内はクロス貼替え等の表層変更にとどめ、外観・外構・フロント・ロビーの変更に重点を置いた。敷地内3か所に滝を、ロビーにも池・噴水を設け“シズル感”を強調する空間演出を施し、リゾートテイストを創出した。

■設計・監理:(株)玄子空間デザイン研究所




概要

所在地 神戸市灘区味泥町5-2
リニューアルオープン 2012年3月10日
敷地面積 2,094.9㎡(634.8坪)
延床面積 4,692.8㎡(1,422.1坪)
形態 ビル型
規模 地上4階建
客室数 52室
建築工事 みやこ工芸社

客室

弱電設備 エコアーク

外観・共有

客室