HOTEL L

水まわり・空調等の基本設備を重視し
内装は低コストながらイメージを一新

20年以上にわたり大規模改装がなく、各種設備等も老朽化しており、限られた予算のなかで効果的なコスト配分を考え、基本設備の改善に重点を置いた。井戸水の質があまり良くなかったことから浄水に変更し、受水槽や高架水槽の点検・再塗装も実施。またエアコンや浴槽の取替えなど、いわばホテルのライフラインの充実にコストを集中させた。
客室内装は、既存造作を活かしながら表層の変更でコストを抑えながら従来のイメージを一新。リニューアルオープン以降、週末には5回転を超えるなど好調な集客状況をみせている。
■設計・監理 (株)ウィズプランニング




概要

所在地 愛知県豊橋市大村町花次36
オープン 2012年6月26日
敷地面積 1,504.4㎡ (455.1坪)
延床面積 1,908.5㎡ (577.3坪)
形態 ビル型
規模 地上6階建
客室数 25室
1室平均面積 40.3㎡(12.2坪)
レストラン 40席(53.6㎡)
経営企業 (株)キャッチ

客室

施工 道家
ベッド 道家
インテリア/家具 道家
照明演出 ウィズプランニング
照明器具 遠藤照明
音響映像設備 アルメックス
用品備品 アンドウコーポレーション、髙木商会、東京マツシマ
浴槽 ウェルランド

バックヤード

コンピューターシステム アルメックス
集中管理システム アルメックス
監視カメラシステム アルメックス
サイン/看板 第一サイン

外観・共用部

客室