HOTEL もしもしピエロNEO京都店

老舗ブランドと最新のデザイン・設備を融合
親しみやすさと新たな魅力で訴求

京都市伏見区の京都南IC.至近のホテル集積地に立地する地下1階地上6階建・50室のホテルのリニューアル。多彩なタイプのホテルが競合するエリアで、長く営業してきた老舗ホテルであり、老舗ゆえの親しみやすさや安心感のイメージを残しながら、現代の利用者の感性とニーズにマッチするデザインと設備で新たな訴求力の創出を図った。
各客室は、多彩なバリエーションの内装デザインを施し、一部客室には露天風呂や岩盤浴なども導入。また4号営業としてラブホテルらしさを訴求する演出も施した。さらに集積地立地とはいえ、入退館の動線は集客の“肝”となるだけに、再度見直し、入りやすく出やすい動線を確保した。
■設計・監理:スタイルアソシエイツ




概要

所在地 京都市伏見区竹田田中殿町88
リニューアルオープン 2012年12月21日
経営企業名 (有)もしもしピエロ
敷地面積 1,622.3㎡(491.6坪)
延床面積 5,471.7㎡(1,658.1坪)
規模 地下1階地上6階建て
形態 ビル型
客室数 50室
1室平均面積 30㎡(9.1坪)

客室

ベッド 吉本建設
寝具 東洋産業
インテリア/家具 ダイヤリビング
ファブリック かじ新
照明器具 大光電機
音響映像機器 大洋
VOD 大洋
浴槽 タケシタ
建築工事 吉本建設
VOD 大洋
浴槽 タケシタ

バックヤード

コンピュータシステム アルメックス
監視カメラシステム 大洋
サイン/看板 ビルボード

外観・共用

客室