HOTEL TAOS

幅広い年齢層に訴求力あるデザインを施し
利用者目線での見直しで使い勝手も向上

名古屋市東区の地下1階地上6階建て・52室のホテルのリニューアル。これまでの実績を踏まえ、幅広い年齢層に訴求力のあるデザインを施すとともに、利用者目線で入口から駐車場・アプローチ・廊下・客室を見直し使い勝手の向上も図った。
リニューアルにおいては、従来からのリピーターが新しいホテルになったと感じなければ失望しそのホテルから離れてしまうこともありえる。そこで、客室内は、既存のレイアウト・構造を活かしながらも新たなコンセプトを家具と照明と表層材で演出し、イメージを一新。新デザインに加え、利用者ニーズに合ったシステム・サービスも取り入れ、従来リピーターの維持と新規客の獲得を目指す。

■設計・監理 (株)イデア綜合設計




概要

所在地 名古屋市東区葵3-12-11
オープン 2011年11月26日
経営企業名 高裕(株)
敷地面積 1,202.5㎡(364.4坪)
延床面積 5,671.9㎡(1,718.8坪)
形態 ビル型
規模 地下1階地上6階建て
客室数 52室
1室平均面積 40㎡(12.1坪)
施工 ナカシロ

客室

空調設備 三栄設備
家具 インテリア堀田
照明演出 イデア綜合設計
用品備品 アンドウコーポレーション
浴槽 ハイドロシステム
アレンジメント イデア綜合設計

バックヤード

マルチメディアシステム 北野電子システム
集中管理システム アルメックス
無線LANシステム 佐藤電話
リネンサプライ モデル社
サイン/看板 第一サイン
広告宣伝 ワールド・ホテル・コミュニケーションズ

外観

客室(上段がBefor/下段がAfter)

客室(上段がBefor/下段がAfter)

客室(上段がBefor/下段がAfter)

客室(左がBefor/右がAfter)