旅館業の平成27年度の施設数、7万8,519施設~厚労省

厚生労働省は、11月17日、「平成27年度衛生行政報告例」を公表。
これによると、平成27年度末の全国のホテル・旅館等の旅館業の施設数は、7万8,519施設。そのうちホテル営業が9,967施設(846,332室)、旅館営業が40,661施設(701,656室)となっています。
宿泊施設不足が指摘され宿泊事業は好況とみられているが、旅館業全体では減少傾向が続いており、平成26年度比で379施設の減少(0.5%減)。
内訳をみると、ホテル営業は、増加傾向が加速しており平成27年度は前年度比88施設増加(0.9%増)、客室数も増加傾向を続け前年度比11,744室の増加(1.4%増)。
一方、旅館営業は、施設数・客室数ともに減少傾向が続いており、平成27年度は減少傾向が弱まったものの前年度比1,238施設の減少(3.0%減)、8,363室の減少(1.2%減)。
また、簡易宿所営業は、民泊の影響もあり増加傾向を強め、平成27年度は前年度比820施設の増加(3.1%増)となっている。

※旅館業・営業別の施設数(客室数)の推移は「LHデータベース」に掲載。
≫≫http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/20161118.pdf

※「LHデータベース」トップページはこちら
≫≫http://www.teidan.co.jp/lh-database