季刊『LH-NEXT』vol.26、本日(10月30日)発刊!

季刊『LH-NEXT』vol.26、本日(10月30日)発刊です。

vol.26の特集は「奮闘する単独店舗」。
レジャー・ラブホテル業界は、二極化の進行が著しい。現在の勝ち組ホテルの多くは多店舗展開企業によるチェーン店舗。そのスケールメリットは、仕入れコストの低減に加え、運営の効率化、成功手法の共有化、人材確保、資金調達、等々、さまざまな分野に及び、チェーン店舗の進出により苦戦を強いられる単独店舗も少なくありません。
しかし、単独店舗にはチェーン店舗にはない強みがあります。経営者自らが陣頭指揮をとり、エリアのニーズを的確に掴み、顧客満足を高める施策を、細やかな気遣いとスピーディな対応で実行し利用者の心を捉えていく。物販業とは異なり、ホテル事業は、単独店舗ゆえの強みを発揮できる業種です。本号では、積極的にホテル経営・運営に取組む、単独店舗経営者にインタビューしました。

また、「民泊解禁」に向けた旅館業法の規制緩和となる条例制定が動き出しています。その最新動向を連載「法律解説」で弁護士・星千絵氏が解説。連載「税務・財務のポイント」ではマイナンバー制の事業者の留意点を、連載「労務管理」ではパート労働者の年次有給休暇を、連載「不動産」では二極化する土地価格を、解説。また「女性が恋する旬のメニュー」と題して女性にアピールするメニューを紹介する新連載をスタート。
その他、「ニューオープン」情報、「注目企業・システムレポート」等々、いま求められる情報を満載。
本号もまた、みなさまのホテル経営の参考にしていただければ幸いです。

※本誌の一般発送は配送会社からとなり、みなさまのお手元には11月5~8日にはお届けできる予定です。もうしばらくお待ち願います。

季刊『LH-NEXT』編集長・多田義則

≫≫季刊『LH-NEXT』vol.26の目次はこちら
(購入申込もこちらから)

※季刊『LH-NEXT』は、「amazon」と「富士山マガジンサービス」でも購入できます。
※電子書籍で創刊号からのバックナンバーが電子出版「eSHINBUN」で購入できるようになりました。

◎読者の皆様へ◎
 季刊『LH-NEXT』誌は、全国のレジャー・ラブホテルに無償配布の方式をとっていますが、確実にお手元にお届けするために、下記項目にご記入のうえ、FAX(03-3518-2867)もしくはメール(info@teidan.co.jp)にて、ご送付をお願いいたします。(すでに個人名で配布されているホテルは、下記項目に変更があった場合にご送付ください)

■季刊『LH-NEXT』誌・送付希望宛先
(1)ホテル名
(2)お名前
(3)役職
(4)住所
(5)電話番号
(6)FAX番号
(7)メールアドレス

※本社に送付希望の方は、その旨、ご記入ください。
※無償配布は、ホテル関係者(経営者、支配人等)が対象となります。
※個人情報は、弊社の個人情報保護方針に則り適切に管理いたします。(http://www.teidan.co.jpに記載)