[LHデータベース]更新~平成27年版「観光白書」

観光庁は、6月9日、平成27年版「観光白書」(「平成26年度観光の状況」及び「平成27年度観光施策」)を公表した。
この白書は、「平成26年観光の動向」「拡大するインバウンド消費と変貌する産業・地域」「平成26年度に講じた施策」「平成27年度に講じようとする施策」の4部構成。

インバウンドの状況については、
・訪日外国人旅行者数の推移
 (2014年:1341.3万人、2013年:1036.4万人・・・)
・訪日外国人旅行者数の内訳
 (台湾:283万人、韓国:276万人、中国:241万人・・・)
・訪日外国人旅行者消費額の推移
 (2014年:20,278億円、2013年:14,167億円・・・)
・旅行消費額の国別・地域別構成比
 (中国:5,583億円、台湾:3,544億円、韓国:2,090億円・・・)
・訪日前に期待していたこと
 (日本食:76.2%、ショッピング:56.6%、自然・景勝地観光:46.8%・・・)
・費目別旅行支出額
 (買物代=中国:127,443円/人、ベトナム:88,814円/人・・・)

国内旅行の状況については
・国内宿泊旅行延べ人数の推移
 (2014年:30,499万人、2013年:32,042万人・・・)
・国内日帰り旅行延べ人数の推移
 (2014年:30,771万人、2013年:31,053万人・・・)
・延べ宿泊者数の推移
 (2014年:4億7230万人泊、2013年:4億6590万人泊・・・)

などのデータが掲載されている。
それぞれ、宿泊事業者が押さえておきたいデータであり、[LHデータベース]に概要版をアップしたので、ご覧ください。

≫≫平成27年版「観光白書」(概要版)はこちら

≫≫[LHデータベース]トップページはこちら

(「観光白書」全文は観光庁HPで閲覧できます)