警察庁が「平成21年の犯罪」を公表

 警察庁は、11月12日、ホームページで「平成21年の犯罪」を公表した。
 このなかには、風俗関係事犯の項目もある。
 「風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律違反等 送致件数及び送致人員」をみると、店舗型性風俗特殊営業第4号営業は、送致件数が24件。内訳は営業場所の制限違反が19件、従業員名簿の備付義務違反が2件、廃止変更届出義務違反が1件、その他が2件となっている。
 ちなみに、風営法違反等の全体での送致件数は3,226件。業態別では、風俗営業(第1~8号営業)が1,385件、店舗型性風俗特殊営業(第1~6号営業)が685件、無店舗型性風俗特殊営業が292件、飲食店営業(深夜飲食店等)752件、等となっている。
 4号営業に関する違反送致件数は、他の業種業態に比べるとかなり少ない。しかし、送致された人員は43人にのぼる。また、行政処分件数は134件で、営業停止が30日以内3件、同6ケ月以内1件、指示処分130件となっている。

≫≫「平成21年の犯罪」全文はこちら(警察庁HP)
http://www.npa.go.jp/toukei/keiki/hanzai_h21/h21hanzaitoukei.htm