福岡県警、新「解釈運用基準」を公表

9月30日、福岡県警はホームページにて「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準」を公開しました。

福岡県警HPのトップページ右側中段「条例規則等」→「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準」で検索できます。
アドレスは以下。
http://www.police.pref.fukuoka.jp/seian/seikan/006.html

解釈運用基準は、風営法対象業種全般に対しての解釈です。
4号営業ホテルが関連するのは、第5の「店舗型性風俗特殊営業の定義について」(そのなかの4 モーテル、ラブホテル等)および、第17の「性風俗関連特殊営業の届出について」(そのなかの店舗型性風俗特殊営業に関わる部分)、第18の「店舗型性風俗特殊営業の規制について」の項目です。とくに、第5の項目が、新要件等で、平成18年4月24日のものと比べ内容がかなり変更されていますので、ご確認ください。
また、全文を読まれる際には、「風俗営業」(キャバレーやぱちんこ店等です)と「店舗型性風俗特殊営業」(これがモーテル・ラブホテル等です)では規制内容が異なりますので、混同しないように注意ください。