今夏の経営状況を報告。76.5%のホテルが対前年比で売上減少

▼2009/10/28

 多くのホテル経営者の方々から、売上減少の報告が続いています。『LH-NEXT』Vol. 2(10月31日発刊)では、直近の売上の実態を把握すべく「7、8月の経営状況に関するアンケート」を行ないました。結果は、76.5%のホテルが対前年比で売上減少という厳しい状況でした。
対前年比の増減状況の分布は、以下のような結果。

70%以下が0.7
~80%が9.2%
~90%が24.8%
~100%未満が41.8%
100%が7.2%
~110%が13.6%
~120%が2.0%
~130%が0.7%

本誌では、回転数や組単価の状況も集計・分析しています。
 また、売上減少に対し、「サービス強化」で臨むホテルが68.2%、「経費削減」で臨むホテルが64.8%という回答。大きな追加投資のかかるリニューアルはできないが何とかソフト面で魅力を打ち出そうという状況がみてとれます。同時に、自由回答では、業界全体のイメージアップやレジャーホテルという業態自体の進化が必要という意見も多くありました。こういった経営意識は、必ずや新しい価値を創出し、利用者創造につながっていくと思われます。
『季刊LH-NEXT』第2号は、各ホテルへは11月10日前後にはお届できる予定。もうしばらくお待ち願います。