2011年末の4号営業ホテル数は6,259軒

 22日の「日本経済新聞 電子版」(11:30配信)は、<昨年末時点のラブホテルの届け出が前年同期の約1.7倍の6259件に上った>ことが<警察庁のまとめで分かった>と報じている。

・2010年末時点の4号営業ホテル数は、3,692軒(警察庁)。
・2011年1月の政令改正で新たに4号営業を届けたホテル数が、2,758軒(同)。
・両者を合わせ、昨年1月時点の4号営業ホテル数は、6,450軒。

 つまり、昨年1年間で、4号営業ホテルは、191軒が減少したことになる。
 昨年3月の東日本大震災で被災し、廃業または改修のために4号を廃して新法へ移行したホテルも見られるが、野立・誘導看板の撤去の影響による集客減から新法へ移行したホテルも少なくないと思われる。ともあれ、4号営業ホテルの集客には、看板の代わりとなる検索サイトなどの新たな誘客対策が求められているといえよう。

※参考データ(テイダンHP/LHデータベース)
≫≫「4号営業ホテル数の推移」
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/suii.pdf

≫≫「旅館業施設数の推移」
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/RH22.pdf