JOYSOUND、6月に新機種を発売

 通信カラオケ「JOYSOUND」事業を展開する(株)エクシングは、フラッグシップモデル「JOYSOUND MAX GO」と、ナイト市場向けハイパフォーマンスモデル「JOYSOUND響Ⅱ」を6月中旬から発売する。

同社は、昨春からレジャー・ラブホテル向けに、カラオケ機器のレンタル提供を開始。従来の集中管理での提供ではなく客室内への端末機設置によって、街中のカラオケボックスと同様の多彩な各種機能が楽しめるようになり、昨年来、客室内への個別設置をするホテルが増加してきている。

今回の新機種「JOYSOUND MAX GO」の最大の特徴は、新サービス「みるハコ」の採用。音楽ライブやスポーツイベント等を独自のネットワークインフラで配信し、カラオケルームをライブビューイング会場にできるサービスだ。カラオケルームに新たなエンターテインメント空間としての価値を創出する新機能といえるだろう。また、同機種は、業界最多の30万曲を搭載し、独自のハイレゾ対応で高品質のマイクサウンドを提供するなど、歌う楽しさ・気持ちよさもさらに追求されている。「JOYSOUND響Ⅱ」は、24万曲を搭載しハイレゾも採用したほか、「うたスキ」「Free Wi-Fi」などの機能も追加している。

≫≫レジャー・ラブホテル向けのカラオケ機器レンタル提供についてはこちら

[ホテル関係者からの問合せ]
(株)エクシング(市場開発支店)
東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルB館8F
TEL.03-6848-8183
https://xing.co.jp
https://joysound.biz

◀︎ 左「JOYSOUND MAX GO」 右「JOYSOUND響Ⅱ」