日本レジャーホテル協会、2月7日に「新春講演会・賀詞交歓会」を開催

(一社)日本レジャーホテル協会(会長・清水祐侍氏)は、平成31年「新春講演会・賀詞交歓会」を、2月7日、「ホテル雅叙園東京」(東京都目黒区)で開催した。

新春講演会は、ホテル評論家・瀧澤信秋氏が「宿泊業の真価問われるレジャーホテル―レジャーホテル流“おもてなし”とは―」をテーマに講演。205名が受講した。
賀詞交歓会は、同協会・清水祐侍会長の挨拶からスタート。「宿泊業態のボーダレス化が進むなか、今後、レジャーホテルならではの細やかな運営がさらに求められる。協会では“繋ぐ”をキーワードに正会員・賛助会員・提携団体に寄り添いながら経営改善と成長にお役立ていただけるようなセミナー・展示会・視察研修会・経費削減サービスを全国各地で開催・提供。今年度は新たに4団体と提携契約を結び加盟店舗は約1,800店舗になり、今後3,000店舗を目指していく」と業界の現状と協会の活動を報告。

その後、国会議員等の来賓挨拶・紹介、岩手県レジャーホテル協会(会長・大内景芝氏)・秋田県レジャーホテル協会(役員・真石美香氏)・信州レジャーホテル協会(会長・宮原眞氏)・京都ホテル協会(会長・加藤透氏)との提携契約書の取り交わしが行なわれ、(一社)九州ホテル協会会長・高崎次郎氏の乾杯の音頭で開幕。
会後半には、アトラクションとして麻倉未稀のショーも行なわれた。
今回の賀詞交歓会には、会員・賛助会員をはじめ各地の協会・組合からの参加もあり、380名が参加した。

<来賓>(敬称略)
自民党衆議院議員:平沢勝栄(顧問・国会審議中のため秘書が参加)、秋元司(秘書)、小倉将信、古川康。同参議院議員:片山さつき(秘書)。公明党参議院議員:佐々木さやか(秘書)、三浦信祐(秘書)。国民民主党参議院議員:増子輝彦(顧問)。衆議院議員:松原仁。立憲民主党衆議院議員:大串博志。自民党東京都議会議員:吉原修。公明党神奈川県議会議員:渡辺ひとし。国民民主党企業団体委員会:小北美智夫。

(一社)在日韓国商工会議所名誉会長:金光一。東京韓国商工会議所会長・張永軾。あすか信用組合理事長:金藤哲也。横浜幸銀信用組合専務理事:齋藤智成。ホテル評論家:瀧澤信秋。東京都ホテル旅館生活衛生同業組合理事長:齊藤源久、同レジャー系ホテル情報交換会委員長:工藤勇治、小坂昌弘。埼玉県ホテル旅館生活衛生同業組合理事長:北堀篤。相模原旅館ホテル組合組合長:水谷好男。厚木旅館ホテル組合副組合長:市川哲男。伊勢原秦野カーホテル組合組合長:小関乃。

(一社)北海道レジャーホテル協会副会長:前田英則。岩手県レジャーホテル協会会長:大内景芝。秋田県レジャーホテル協会役員:真石美香・山形県レジャーホテル協会副会長:阿部護。福島県レジャーホテル協会名誉顧問:橋本久勝。石川県自動車ホテル協会事務局長:山本修。福井県自動車ホテル協会会長代行:和田陽介。信州レジャーホテル協会会長:宮原眞。京都ホテル協会会長:加藤透。大阪府ホテル協同組合理事長:脇田克廣。岡山県自動車旅行ホテル協会会長:粂修一郎。(一社)九州ホテル協会会長:高崎次郎。佐賀県レジャーホテル協会会長:井出俊郎。

(一社)日本レジャーホテル協会
東京都千代田区四番町11-3
TEL.03-6261-2183
http://jalh.or.jp

■新春講演会の模様

■新春賀詞交歓会の模様