アルメックス、中国人観光客のレジャーホテルへの送客サービスを開始

(株)アルメックス(代表取締役社長 馬淵将平)は、旅行会社の(株)ジャパンホリデートラベル(エイチ・アイ・エスグループ)と共同で、急増する中国人インバウンド観光客の宿泊先確保のため、レジャーホテルへの送客サービスをスタートしたと、11月20日に発表した。

同社では「レジャーホテル業界においては、2008 年をピークとして人口が減少に転じたことにより、国内のみでの利用者の増加、市場の拡大は困難な状況となっており、新たな顧客獲得の施策としてインバウンド需要取り込みへの対応が急務」としており、「訪日外国人、とりわけ中国からのインバウンド観光客においては、富裕層が多いことが特徴であり、内装・設備面で優位性を誇るレジャーホテルがマッチするものと考えられることから、中国から日本への観光客受け入れで大きな実績をあげられている株式会社ジャパンホリデートラベル社との業務提携を行い、今後のインバウンド宿泊需要と、レジャーホテルによる宿泊施設の供給という双方をマッチングさせるスキームを確立し、このほどサービスをスタート」した。

この送客サービスの実行スケジュールは、
2015年11月~「みなとまちホテル難波店」(大阪府大阪市浪速区)※トライアル実施中
2015年年末:対象店舗・全国10店舗(予定)
2016年春:対象店舗・全国50店舗(予定)
となっている。

また、(株)アルメックスは、取締役会において、人工知能のロボット開発を行なうユニロボット(株)との資本業務提携を行なうことを決議したと、11月19日に発表した。
今後、多言語対応のロボットによる無人案内や受付コンシェルジュシステムの開発・提案につなげていく意向だ。

◎中国人観光客のレジャーホテルへの送客サービスに関する問合せ
(株)アルメックス情報システム事業部
担当:五十嵐、松山
TEL.03-6820-1440
FAX.03-6741-4749
http://www.almex.jp