[開催報告]・「九州レジャーホテルEXPO2014 in FUKUOKA」、9月10、11日に開催

一般社団法人 九州ホテル協会は、「九州レジャーホテルEXPO2014 in FUKUOKA」を、9月10、11日、「西鉄ホール」(福岡市中央区)にて開催した。
レジャーホテル関連の26社が出展し、来場者数は、10日・490名、11日・131名、関係者(両日)・210名(入場パス数にてカウント)を数えた。
また、10日には、無料セミナー4講座を実施し多数の来場者が受講。また、10日夜には「PLUGBAR×EL MUNDO」(福岡市博多区)にて懇親会も行ない、約200名が参加した。

一般社団法人 九州ホテル協会 代表理事 高崎次郎氏は
「当初、来場者数が不安でしたが、北は北海道から南は沖縄までたくさんの方にご来場いただけました。初めての開催でしたので、準備期間もかかり、他のフェアを見に行く等、協会員一団となり無事に開催することができました。2日間開催して、出展社にも来場者にも喜んでもらえた。今後は、今回の反省点を総会で話し合い、次回のEXPOに繋げて行きたいと思っています」
と総括した。

セミナー内容は以下の通り
<1部 11:00~>「電気料金削減。4万5000件以上の導入実績。賢い電気の使い方とは」
――日本テクノ(株)九州支店福岡第一営業所長・吉田宗史
<2部 12:30~>「新しい修繕費の考え方!メンテナンスの常識改革!それがM-free!」
――(株)リックサポート営業開発チーム・杉山将太
<3部 14:00~>「経営委託で過去の栄光を取り戻せ!後継者不在、孫まで残す新しいレジャーホテルのあり方」
――葉山ホテルグループ代表取締役・土井文博
<4部 15:30~>「女性の心をつかむ、最新女子力UPアメニティ戦略!」
――(株)イプロス営業2課課長・皆見順子

■会場風景