最初の一歩の日(地図の日)

1800年の同日、伊能忠敬が、日本最初の本格的な地図作成のために蝦夷地の測量に出発した。