世界保健デー

1948年の同日に、世界保健機関(WHO)憲章が発効。各国で、健康増進等を目的とした催しが実施されている。